私が住んでいる地域は、諏訪町会という新宿区内でも大きな町会があり、様々な活動が活発に行われています。
 4月22日の夜、諏訪神社で行われた諏訪町会の総会に会員として出席しました。会員の他に、戸塚第2小学校の副校長先生や戸塚第2幼稚園の教頭先生も出席されました。
 予算や活動などの議案のほかに、子どもたちを地域でどう守ったらいいのかということが話し合われ、戸2小の副校長先生からも、「子どもたちの登下校を見守ってほしい。」というお話がありました。高齢者クラブの会長さんからは、「高齢者は比較的暇があるし、なにか協力したいとみんな思っているので、できることがあったらどんどん言ってほしい。」という心強い発言があり、子どもたちが集団下校する際に、できるだけ学校へ行ったり、通学路に出て子どもに声かけをしようという話になりました。
 町会で子どもを守ろうということが真剣に話し合われていることは本当にありがたく、心強いことです。今後もこうした地域からの取り組みが広がるよう、行政からの情報発信も必要だと感じました。