image
参議院選挙に向けて以前から準備していた「女たちのつどい@新宿」(日本共産党新宿女性後援会主催)は、図らずも舛添知事の公私混同問題が起こり、大山都議の話が生で聴けるとあって会場は超満員に。
image
つどいに参加する直前、私は地域の高齢者クラブの行事に行ってきたのですが、そこでも「舛添さんに今辞められると困るんだよね。4年後がオリンピック直前に知事選になるからね。」と言った与党サイドの人が居られて、それに対して「そういう問題じゃないよ!あれは、そういう問題じゃない。」と地元の名士の方がキッパリおっしゃっていました。

つどいには、認可保育園に入れず認可外の保育所に預けているお母さんも参加され、切実な保活の実態が話されました。本来は、都議会でも待機児童問題などがメーンの議論になるべきでした。舛添知事は税金も時間も無駄遣いしている事にお気付きでないのか?

とにもかくにも、明日と20日は都議会総務委員会で集中審議が行われます。都議会最終日の15日には、日本共産党都議団が舛添知事の不信任案を提案します。もしそこで舛添知事辞職となっても、百条委員会を設置すれば舛添氏を証人として呼んで、事実を明らかにすることは可能だという大山都議の話に、参加者みなさん「お~‼」となりました。日本共産党都議団は新たな事実の調査も行っているそうです。みんなで声をあげて舛添知事を辞職に追い込みましょう!