image

富山市議会(定数40)で12人も議員が辞職し、急速に関心が高まっている「政務活動費」について、新宿区議会決算特別委員会でも議論になりました。

新宿区議会では「政務活動費」の使途について細かい規定を作っており、領収書も公開しているので、富山市議会のような事はほとんど起こり得ないと思っています。

一方、領収書の公開はしていると言っても、見たいと思った人がわざわざ区議会に来て申し出ないとならないので、領収書も含めてすべて区議会のホームページにアップしてインターネットで見られるようにすることが、より透明性を高めより議会としての説明責任を果たすことになります。

先日の決算特別委員会で日本共産党区議団は、「政務活動費」領収書のネット公開を提起しました。議長もこれには前向きでした。これを受けて早速、10月18日の「自治・議会・行財政改革等特別委員会」で議論されることになりました。私も委員の一人として、領収書のネット公開が早急に実現できるよう力を尽くしたいと思います。