image

12月から上京し、年末年始を我が家で過ごした母が今日、福岡へ帰りました。昨日の夜、何やら台所でやってるな~と思っていたら、酒粕入りのトリュフチョコをせっせと作っていました。酒粕とチョコを半々で混ぜるのだそうで、かなりお酒と麹の香りがします。

ばーば(83歳)は無類のチョコ好き。そのDNAは確実に孫にも引き継がれています。娘もチョコ好きで、スタバに行っても飲むのはココアばかり。

ばーばは今回、2ヶ月近く我が家に滞在していました。子どもたちが小さい頃は議会や選挙で忙しくなると来てもらって、1ヶ月以上滞在して手伝ってくれていましたが、今回の長期滞在は10数年ぶり。年齢が年齢なので、時々あれ?ってことはありますが、料理などの家事は問題なくこなしていました。

ただ、これからは時々のあれ?が度々になってくると思うので、一緒に住んでくれれば安心なのになぁと、私だけでなく孫たちがばーばにそう話すのですが、福岡の人ですからそこはなかなか難しいようです。

でも、酒粕やヨーグルト、納豆など発酵食品をたくさん食べてるから、ばーばはあと10年は元気でいてくれそう(^^)。って言うと本人は「そげん長生きしとうなかばい。」って笑ってました。