image
image
image

あの山田洋次監督が前進座のために喜劇の脚本を書かれたというので、とても楽しみにしていた「裏長屋騒動記」を観ました。2年ぶりの国立劇場というだけでも、何とも言えないワクワク感があるのでさが、あのかわいらしい有田佳代ちゃんがどんな町娘姿で登場するのかな?とか、いつも綺麗な女形の河原崎國太郎さんがどんなお殿様を演じるんだろう?などなど興味津々。

所々に「寅さん」を感じる場面ありの、まさに山田洋次監督の喜劇でした。有田佳代ちゃんもかわいかったし、今井鞠子さんのお文さんが綺麗なこと。そして、河原崎國太郎さんのお殿様は何と!LGBT?

新劇の舞台女優だった方と一緒に観たのですが、「山田洋次監督は映画の方だから、普通の芝居と比べて場面展開の幕が多いわね。面白かったわ。」と、なるほど~な感想をおっしゃっておられました。これからも前進座には良いお芝居を作っていただきたいので、しっかり応援して行きたいと思います。