image

昨日、箪笥区民ホールで行われた日本共産党演説会は会場いっぱいで、内容もいまだかつてない演説会となりました。

image

大山さんと元同僚の保育士さんからは、大山さんの人柄を紹介するお話。築地市場内でカレー屋さんを経営されている区民の方と、中央卸売市場労働組合委員長の中澤誠さんからは、生々しい現場の話とともに豊洲移転ではなく築地で再整備をという訴えがありました。ちょうどこの日開催された専門家会議では、築地の業者の怒りが爆発し、休憩に入ったまま再開出来なかったという話を、現場で参加された中澤さんが報告して下さいました。

image

今回の演説会では、都議選史上初めて他の政党からの応援演説や推薦メッセージがありました。応援演説をして下さったのは自由党東京1区の野沢哲夫さん。推薦メッセージは、正式に大山とも子都議会議員の推薦を決定した新社会党新宿区総支部からです。熱い応援演説、メッセージに会場がわきました。さらに幅広い政党・個人から推薦や応援の輪が広がることが、次の国政選挙で野党が勝つためにも重要だと思いました。

image

笠井亮衆議院議員・党政策委員長の話は、憲法問題、共謀罪、森友学園に加計学園と、国政の焦点になっている問題について、実際の資料(写真で示しているのは加計学園問題についての文科省内部文書)も示しながら話をしていただいたので、大変盛り上がりました。

image

大山都議が壇上に登場した時、大量の紙の束を持って現れました。紙の束はこの間、大山とも子事務所が新宿区内で行った都政アンケートで回答が返って来た1700余枚の都民の生の声です。ここに寄せられた都民の願いをしっかり実現して行きたいと、力強く政策を訴えた大山とも子都議会議員に大きな拍手が起こりました。